WEBコンビニ

不動産


リンクブログ戻る      リンクサイト次へ


HOME>


リンクサイト2>


不動産>



不動産

不動産



不動産が欲しい
不動産関連のホームページです
不動産不動産



属性

関係モデルにおいては、
属性名と定義域の名称のペアである。
定義域は、データ型と同じ意味と考えてよい。
属性は、その定義域に適合するなんらかの値をもつ。
この値を属性値という。
属性値は、スカラ値もしくは
より複雑な構造をもつ値である。
関係データベースのデータベース言語SQLでは、
属性とほぼ同じ意味で列という用語が使われている。



関係モデル

関係モデルはエドガー・F・コッドが 集合論と述語論理に基づいて考案した データベースモデルであり、 関係データベースの基礎となっている。 関係モデルにおける基本的な前提は、 あらゆるデータは n 項(n-ary)の 関係(リレーション)で表現されるということである。 数学における関係は二項関係をいうが、 関係モデルでは関係の概念をn項に 拡張している。 一つの n 項の関係は、 n個の定義域の直積集合の部分集合である。


集合論

集合とよばれる数学的対象を
あつかう数学理論である。
通常、集合はいろいろな数学的対象の
集まりを表していると見なされる。
これは日常的な意味でのものの集まりや
その要素、特定のものが
入っているかいないか、
という概念を包摂している。
現代数学の定式化においては
集合論がさまざまな数学的対象を
描写する言葉をあたえている。
集合論は数学の公理的な基礎付けをあたえ、
数学的な対象を形式的に集合と
帰属関係によって構成することが可能になる。
また、集合論の公理として
何を仮定するとどんな体系が得られるか、
といった集合それ自体の研究も
活発に行われている。