WEBコンビニ

カードローン


リンクブログ戻る      リンクサイト次へ


HOME>


リンクサイト2>


カードローン>



カードローン

カードローン



カードローンでお金を借りましょう
カードローンの紹介をしています
カードローンカードローン



関係データベース

関係モデルにもとづいて設計、
開発されるデータベースである。
関係データベースを管理する
データベース管理システムを
関係データベース管理システムと呼ぶ。
関係モデルはIBMのエドガー・F・コッドに
よって考案された現在もっとも
広く用いられているデータモデルである。
データベースの利用者は、
クエリをデータベースに与え、
データを検索したり、
変更することができる。



データベース管理システム

データベース管理システムは、
コンピュータのデータベースを
構築するために必要なデータベース運用、
管理のためのシステム、
およびそのソフトウェアのことである。
データベースマネジメントシステムとも呼ばれる。
かつては、CODASYLが提唱した
ネットワーク型データモデルのDBMSや、
階層型データモデルのDBMS、
あるいは初期の非力なパーソナルコンピュータなどでは
カード型データモデルのDBMSなどが
幅広く利用されていたが、近年では
関係モデルを扱う
関係データベース管理システムが主流である。
また、関係データベース管理システムに、
利用者が独自のデータ型や関数を
拡張可能なオブジェクト関係データベースや、
オブジェクト指向プログラミング言語との
親和性が高いオブジェクトデータベース、
データモデルにXMLを採用した
XMLデータベースなどが開発され、
利用が広まっている。



データベース

検索や蓄積が容易にできるよう
整理された情報の集まり。
通常はコンピュータに
よって実現されたものを指す。
コンピュータを使用した
データベース・システムでは、
データベース管理用のソフトウェアである
データベース管理システムを使用する場合も多い。
プログラムで扱うデータ構造や
データそのものを独自実装の
場合に比べて少ない工数で
操作できるようにしている。