WEBコンビニ

消費者金融一覧


リンクブログ戻る      リンクサイト次へ


HOME>


リンクサイト2>


消費者金融一覧>



消費者金融一覧

消費者金融一覧



財布にお金が入っていなかったら
消費者金融の一覧ホームページです
消費者金融一覧消費者金融一覧



情報活用能力

情報及び情報手段を主体的に選択し、
活用していくための個人の基礎的資質のことである。
学習指導要領の総則の中では、
言語能力や問題発見・解決能力とともに、
学習の基盤となる資質・能力の1つとして示されている。
米国の図書館教育の中で使われ始めた
information literacy(情報リテラシー)という
言葉の概念を基に作られた言葉であるが、
現在では、米国で使われるinformation literacyや、
直訳されて日本で使われる情報リテラシー
の言葉とは意味合いが異なっている。



情報リテラシー

情報と識字(リテラシー)を合わせた言葉で、
情報を自己の目的に適合するように
使用できる能力のことである。
情報活用能力や情報活用力とも表現するが、
文部科学省が定義する
情報活用能力とは意味合いが異なる。
また情報=ITとの連想や
インターネットの利用時において
情報リテラシーが要求される等の理由から、
しばしばコンピュータ・リテラシーと混同される。
しかし、以下に定義されるように、
本来必ずしもコンピュータと直結するものではなく、
情報モラルと大きく同じ意味だと認識されている。



識字

文字(書記言語)を読み書きし、
理解できること、またその能力。
文字に限らずさまざまな情報の読み書き、
理解能力に言及する際には、
日本語ではリテラシーという
表現が利用される。
識字は日本では読み書きとも呼ばれる。
読むとは文字に書かれた
言語の一字一字を正しく発音して
理解できる(読解する)ことを指し、
書くとは文字を言語に合わせて
正しく記す(筆記する)ことを指す。
何をもって識字とするかには
様々な定義が存在するが、
ユネスコでは、日常生活で
用いられる簡単で短い文章を
理解して読み書きできる状態の
ことを識字と定義している。