WEBコンビニ

金融書籍


リンクブログ戻る      リンクサイト次へ


HOME>


リンクサイト2>


金融書籍>



金融書籍

金融書籍



お金に関する本をご紹介
金融関係の書籍を紹介しています
金融書籍金融書籍



情報産業

存在する産業の分類の一つ。
情報産業とされているような産業は、
情報を生産、収集、加工、提供する
などといった形で業務を行っている。
たとえばコンピューターや通信などを
活用した情報サービスを行っている
産業がこれである。加えて
コンピューターのハードウェア、
ソフトウェア、さらにはこれらに関する
サービスを行っている産業のことも
情報産業とされる場合もある。
また電気通信、出版、放送、広告、
コンサルタントまでも情報産業とする場合もある。






電気通信

電気信号・電磁波・光波等の
電磁的手段により映像・
音声・データなどの情報を
伝える通信である。
電気通信分野の初期の発明者としては、
アレクサンダー・グラハム・ベル、
グリエルモ・マルコーニ、
ジョン・ロジー・ベアードらが挙げられる。
電気通信は世界経済の
重要な部分となっており、
2006年の全世界の電気通信業界の
収入は1兆2千億ドルと見積もられている。
有線通信・無線通信という区分があるが、
現在の通信ネットワークは有線
・無線を適材適所に
組み合わせて構築される。



信号

電気通信や信号処理、
さらには電気工学全般において、
時間や空間に伴って変化する
任意の量を意味する。
実世界では、時間と共に
測定可能な量や、空間において
測定可能な量を信号という。
また人間社会では、
人間の発する情報や機械の
データも信号とされる。
そのような情報やデータは全て、
何らかの物理的システムや
生体的システムの一部として
存在している。
システムの形態は様々だが、
その入力と出力は時間または
空間に伴って変化する値として
表すことが可能である。
20世紀後半、電気工学は
いくつかの分野に分かれ、
その一部は物理的信号と
そのシステムを設計および
解析する方向に特化してきた。
また、一方では人間や
機械の複雑なシステムの
機能動作や概念構造を
扱う分野も登場した。
これらの工学分野は、
単純な測定量としての
信号を利用したシステムの
設計/研究/実装の方法を提供し、
それによって情報の転送/格納/操作の
新たな手段が生み出されてきた。