WEBコンビニ

消費者金融書き込み


リンクブログ戻る      リンクサイト次へ


HOME>


リンクサイト2>


消費者金融書き込み>



消費者金融書き込み

小学校

初等教育を施し、
学校系統上最も基礎的な
段階をなす学校であり、
国際標準教育分類では
一般的にISCED-1に分類される。
英語表記には、
米国式のElementary Schoolと
英国式のPrimary Schoolがあるが、
いずれも初等学校という意味であり、
日本の文部科学省では米国式の
Elementary Schoolという表記を用いている。
どこまでを小学校と区切るかは様々であり、
6・3制もあれば、4・3・2制も存在し
、一方で15歳までの
小中一貫教育を行う国もある。



中学校

日本における前期中等教育段階の学校。
修業年限は3年間で義務教育期間の
最後の3年間にあたる。
就学については原則として
満12歳となった最初の4月1日を
基準とする年齢主義がとられている。
日本の新制の中学校段階に於ける
教育に対する制度上の正式な
英語表記は Lower Secondary Educationであり、
新制の中学校の正式な英語表記は
Lower Secondary Schoolである。



高等学校

日本における後期中等教育段階の学校。
略して高校と呼ばれている。
その名称から誤解されることもあるが、
高等教育(ISCEDレベル5)を行う学校ではなく、
後期中等教育段階(ISCEDレベル3)に
相当する学校である。
1948年に発足した新制の
高等学校は旧制の中学校、
高等女学校、実業学校を
改組再編したものである。
高等学校は中学校の教育を基礎とし、
中学校の課程を修了した
生徒に高度な普通教育および
専門教育を施すことを目的とする。
主に市民としての総合的な基礎教養、
大学・専門学校など高等教育機関への
進学準備、また就職に向けての
技術・技能の習得の教育を行う。
新制の高等学校は小学区制・総合制
・男女共学を原則としたものの
前二者は実施には至らなかった。
1990年代以降は中高一貫制の導入、
単位制の実施、総合課程の導入など
教育の多様化・柔軟化がみられる。