WEBコンビニ

メンズアイテム


リンクブログ戻る      リンクサイト次へ


HOME>


リンクサイト1>



メンズアイテム>



メンズアイテム


メンズアイテム



メンズファッションやアイテムなど
メンズアイテムの商品紹介をしています。
メンズアイテムメンズアイテム



天測航法

陸地の見えない外洋で天体を
観測することで船舶や航空機の
位置を特定する航海術である。
数千年に亘って徐々に発達してきた。
目に見える天体と水平線の角度を
計測するのが基本である。
太陽と水平線から太陽の高度角を
計測するのが最も一般的である。
熟練した航海士はそれに加えて
月や惑星や航海年鑑に座標が
出ている57個の恒星を使う。
天測航法は、空に見える
天体と視地平との間の
角度を測定することで、
地球上の現在位置を求める
技法であり、海上だけでなく
陸上でも使える。
ある与えられた時点において、
どの天体であってもそれが
真上に見える場所は
地球上に1カ所しかなく、
その位置は緯度と経度で表される。
その地理的位置を天体のGPと呼び、
その正確な位置は航海年鑑や
航空年鑑に表の形で
秒単位で示されている。
天測計算と呼ばれる計算を
行うことで、航海図や
位置決定用図に位置の
線と呼ばれる線をひく。
測定を行った観測者は
この線上のどこかに位置している。
LOPは実際には、観測した
天体のGPを取り囲んでいる
地球上の大きな円の
ごく一部である。ある時点に
この円の上で問題の天体の
高度角を測定すると、
どの位置であっても同じ
高度角が得られる。
この前提は天測航法の最も
一般的技法の基本であり
Altitude-Intercept Methodと呼ばれる。



航海術

船舶の自位置および方角を算出あるいは推定し、
目的地に到達するための最も合理的な
進行方向・速度を決定する為の技術の総称である。
方位磁針や六分儀、クロノメーター、
海図などを用いる方法(天測航法)、
陸地の特徴的な地形を目印にする
(地文航法、山アテ)方法、
天体の位置や動き、風向、海流や波浪、
生物相などから総合的に判断する方法
(スター・ナヴィゲーション)などがある。
近年ではGPS(グローバル・ポジショニング・システム)や
衛星通信を利用する電波航法が主流である。
かつては漁場のピンポイントに船をつけるには、
民生用のGPSでは精度が不足していたため、
山アテを併用する漁師も多い。
また、ポリネシアやミクロネシアでは、
民族のアイデンティティの
よりどころの一つとして、
伝統的な推測航法術を
再評価する気運が高まっている。



航海年鑑

航海士が海上にいるときに、
天測航法を使用して自身の
船の位置を決定する際に使用する、
天体の位置が記載された刊行物である。
航海暦とも呼ばれる。年鑑は、
太陽、月、惑星、分点が頭上にある
地球上の位置(赤緯と
グリニッジ子午線からの時角による)を、
一年中一時間ごとに指定する。
選択した57の恒星の位置は、
分点を基準にして指定されている。