WEBコンビニ

カラーコンタクト


リンクブログ戻る      リンクサイト次へ


HOME>


リンクサイト1>



カラーコンタクト>



カラーコンタクト

カラーコンタクト



自分の目は何色にしましょうか?
カラーコンタクトの商品紹介をしています。
カラーコンタクトカラーコンタクト



野菜

食用の草本植物の総称。
水分が多い草本性で食用となる植物を指す。
主に葉や根、茎、花・つぼみ
・果実を副食として食べるものをいう。
野菜は一般には食用の草本植物をいう。
ただし、野菜の明確な定義づけは
難しい問題とされている。



草本

草本(そうほん)とは、
一般に草(くさ)と呼ばれる、
植物の生活の型の一つである。
草本とは、木本(もくほん)
に対応する概念で、木にならない植物を指す。
すなわち、樹木のように大きくならず、
太く堅い幹を持たない植物である。
より具体的な定義は茎の構造の
違いに求められる。樹木は幹の
周囲にある分裂組織・形成層で
内側に道管を主体とする木部を形成し、
これが材を形作る。したがって、
草とはそれを行わない植物に該当する。
双子葉植物では、茎の内部の周辺域に、
内側に道管、外側に師管の配置する
維管束が並ぶ。木本ではこの道管と
師管の間に形成層が入り、
内側に道管を作ってゆくが、
草では形成層がないか、
またはあまり発達しない。
茎は多少堅くなるものもあるが
木質化はせず、長さは成長しても
あまり太らない。そのような
特徴を持つものが草本である。
だが実際には木本と草本の
境界はそれほど明確だとは限らない。
例えばタケは形成層を持たず、
茎の太さも木本のような成長は行わないが、
木質化するので木本と考える場合がある。
高山植物のツガザクラやイワウメなどは
形成層を持ち、茎も木質化するが、
ごく背が低く太くなるのも遅いため、
草にしか見えないものが多い。
これらの植物は場合によって
木とも草とも扱われる。



植物

草や木などのように、
根があって場所が固定されて
生きているような生物のことで、
動物と対比させられた生物区分である。