Copyright (c) 素材フリー All Rights Reserved.

ABOUT

ボタン

GUIのボタンは、現実世界のスイッチと同様に「押す」ことで何かの操作を行なう為のコンピュータ画面上の表現である。一般には物理的なボタンを模した立体感のある形状が多いが(ウィジェット)、中には単なるアイコン表現がボタンの役割を果たす場合もあり、このような物も機能分類に従い通常ボタンと呼称する。

ボタンはアイコンと同様の、機能のグラフィカルな表現である。かなりのバリエーションがあり、全てに共通する特徴を挙げるのは難しいが、アイコンとの主な違いは OSごとに標準化されたデザインを持つ 固定配置であり、ドラッグ操作で移動できない 単一クリックで動作する などを基本とする。 物理的スイッチと異なり、GUIボタンの動作はその上でマウスボタンを押した時ではなく、離した時に判定される。これは誤ってクリックしたボタンを動作させないようマウスカーソルを範囲から外せるための処置である。時折キーボードのリターンキーなどでクリック動作を代替できる場合があり、そのような物はデフォルトボタンと呼ばれる。OSによってはキーボードフォーカスを移動する事でデフォルトボタンを移動できる場合がある。

デザイニングWebアクセシビリティ

デザイニングWebアクセシビリティ

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ

新品価格
¥3,240から
(2015/6/19 02:57時点)

デザイニングWebアクセシビリティ

「誰でもどんなデバイスからでも情報や機能を利用できること=アクセシビリティが重要」 この書籍は、ともすれば「規格や達成基準をどう理解し、サイトやサービスを準拠させるか」という実装面に目が向きがちだったアクセシビリティ関連の従来の書籍と一線を画します。「特別な取り組みをせず、普通に戦略・要件策定→情報設計→ビジュアルデザイン→実装・コーディングを行うことが達成基準を満たすことにつながる」ということを、具体的に制作を進める中でつまづく疑問(Q)と解決手段(A)を通じて解説します。書かれている内容は、良質なユーザー体験を生むためのノウハウです。これまでWebアクセシビリティに足が遠のきがちだった方にもぜひお読みいただきたいと思っています。(Amazon.jpより)

WEB広告