Copyright (c) 素材フリー All Rights Reserved.

ABOUT

マーク

マーク(mark)とは、人間により作られた、記号・符号・しるし・標章・図案等のこと。文字そのものはマークとは言わないが、図案化・装飾化した場合にはマークと呼ばれることがある。通常は、小さなスペースに記載できるような、外見的な情報量の少ないものである。 マークは、ある意味や概念を示すために用いられる。逆に、意味や概念を示していない場合には、それは、模様でしかない。 同じマークが、使われる場面により異なる意味となることもあり、固定した意味を持たず、使われるそのときどきに、個別に意味が付与されるようなタイプのマークもある。

Googleアナリティクス Web解析の強化書

Googleアナリティクス Web解析の強化書

今すぐ「標準レポート」を卒業したい! Googleアナリティクス Web解析の強化書

新品価格
¥2,160から
(2015/6/19 03:08時点)

Googleアナリティクス Web解析の強化書

あなたのレポートが変われば、会社が変わる!言うまでもなくレポートとは、ウェブサイトの分析レポートのことですが、Googleアナリティクスの「標準レポート」だけでまとめられたレポートでは、上司やクライアントを納得させることはできません。筆者がよく目にするレポートは、「トップページの直帰率が高いのでメニューを改善します」「商品詳細ページの滞在時間が短いのでコンテンツを改善します」「自然検索の比率が50%以下なのでSEO対策に注力します」 といったコメントが「標準レポート」の吹き出しに書かれているものです。トップページの直帰率を改善するためにメニューを改善することは良いのですが、なぜトップページの直帰率が高いのか?どんなユーザーの直帰率が高いのか?など、その要因や原因が十分に解析されていないレポートが多い、と感じています。例えば、「トップページの直帰率が高い要因として、新規訪問の18?24歳までの女性の直帰率が突出して高いことがわかりました。これは今のデザインが若い女性に受け入れられていない可能性があります。ユーザー調査を行い、デザインの変更について検討する必要があります」といった解析も加わればいかがでしょうか?メニューを改善するのか、ユーザー調査を行うのか、施策の選択肢が広がります。性別、年齢などは参考値となりますが、無視できない解析結果です。このように、「標準レポート」から導き出された課題に加え、要因や原因まで解析されたレポートが作成できれば、上司やクライアントからの信頼が高まります。 どちらが正しいということではなく、アクセス解析の質を高めて、複数の施策を提示することが求められているのです。本書は、標準レポートを卒業して一歩踏み込んだアクセス解析を行いたい方、トラッキングコードを設置したままアクセス解析で課題を発見できていない方、Googleアナリティクスに日常的に触れられている方で新しいヒントを得たい方、各種コンサルティングの方、営業企画部やマーケティング部の方、などにぜひお勧めします! (Amazon.jpより)

WEB広告